保湿は重要!アラサーが見直すべき基本とは…👀!

美容

こんにちは、さっきーです(*´▽`*)

 

アラサーになると、肌の悩みが増えてきますね…。何ならこういう話ばっかり(笑)

これらの悩みを解消するために重要なことって何だと思いますか?

答えは「保湿」ですっ!!

 

保湿って簡単なイメージがありますが、

実はちゃんとできている人って少ないみたいですね🤔

私以外の人はちゃんとできてるイメージでしたが…爆

 

いつもの如く、自分の保湿方法が合っているのか不安になった私。

美容に詳しい友達に、保湿の大切さを教えてもらったので、まとめてみましたよ♪

 



 

アラサー肌のトラブル

 

まずは、アラサーに多い肌トラブルをあげてみます✋

 

お悩み四天王…

くすみ・シミ・そばかす・毛穴…!

 

これ以外に、たるみやシワが気になるという声もあるようですねぇ…。

あなたも、当てはまる項目ありますか?

 

実は、これらのトラブルとお肌の乾燥は、密接に関係しています!

乾燥によって起きるバリア機能の低下が、

こういった肌トラブルの引き金になっているからです。

 

30歳前後のいわゆるアラサーは、初期老化(悲哀)が気になり始める頃でもあり、

顔に関する悩みを抱えている人が大勢いるとのこと。

 

初期老化は20代後半から始まっているので、

お手入れを怠っていると30代で、老化の症状がグンと現れてくることになります😢

 

アラサー世代は結婚や出産などで環境が変わりやすく、

体質の変化などで一気に老化が進む可能性もあるから要注意なんですよ!⚡

 

肌が乾燥するとどうなる?保湿は大事!

 

では、肌が乾燥してしまうとどうなるのでしょうか…

たかが「乾燥」と思っていると大変なことになるのでご注意を!

 

実はお肌のお手入れを行う中で、最も気をつけたいことが「乾燥」なのです。

お肌の乾燥の状態とは、角質細胞が剥がれて隙間ができ、

そこから水分が逃げやすくなった状態を指しています。

 

これは皮脂膜や天然保湿因子の減少によって引き起こされます。

 

健康な状態のときは、

角質のバリア機能によって水分の蒸発や外的刺激からお肌を守っているのですが、

乾燥の状態によって水分が逃げやすくなり、外部刺激にも弱くなります。

 

これが続くと、最悪の場合には、

湿疹や炎症の原因にもなってしまうそうなので、気をつけなくちゃいけません。

 

このような「乾燥状態」を作らないためにも、「保湿」はとても重要なのです。

 

「保湿」は、単に化粧水を付ければ良いというものではありません。

 

例えば、乾燥しているからと水分を顔に吹きかけたとしたら、

結果的にそれまでお肌に合った水分と一緒に蒸発していき、

さらに乾燥してしまうというケースもあるのです。正しい保湿を行いましょう。

 

「保湿」を行うことで求める効果というものは、

皮膚から水分が逃げないように「ふた」をするということです。

皮膚に与えた水分を逃さないようにふたをする、ということが保湿のポイントです。

 

水分がたっぷりと含まれたお肌は、バリア機能を発揮して外的刺激からお肌を守り、

シミやニキビなどのトラブル、また小じわや毛穴の開きを防いでくれます。

 

保湿の方法

 

さて、保湿の重要性が分かったところで、保湿の方法を知っておきましょう。

 

水分を顔にかけたり、蒸しタオルやスチーマーなど、

「水分補給」すれば良いと思いがちですが、

これだけでは足りていないだけでなく、

さらに乾燥を促進してしまいます。

 

正しい保湿の方法とは、「保湿剤」を使用することです。

 

保湿剤には、様々な種類が存在します。

尿素系、ヘパリン類似物質、トコフェロール・ビタミンAやワセリンなどです。

ローションタイプや軟膏タイプ、

クリームなども状態によって使い分けた方がいいでしょう。

 

そしてお風呂から出たらすぐに、化粧水→保湿剤でスキンケアです。

素早く保湿をすることで、お肌を良い状態に保つことができますよ。

 

まとめ

 

保湿って本当に大切なんですね…!

シンプルだけど奥が深く、難しいのが保湿です。

しっかりお手入れしてアラサー肌の悩みを解消しましょう!

10年後も美しい肌を目指したいですね✨

 

オススメ記事→今こそ美肌になりたい!美容オイルを使ってケアしちゃおう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました